ろりカポスキーにおススメ!『明治緋色綺譚』


160221 『明治緋色綺譚』 津軽と鈴

ろりカポスキーの皆様にはお薦めしたい リカチ著『明治緋色綺譚』
なんて言いつつ、ちゃんと読んだのは昨日。しかも、まだ3巻目までというニワカもニワカな読者でありますが(笑)

honto という本屋さんサイトで電子書籍版が3巻まで0円だったので、初めて電子書籍なるものをダウンロードしてみたのでした!
でもやっぱ、紙の方がいいなぁ。
慣れないってのもありますが・・・なんか、こう。なんと言っていいのやら・・・こう、ね?(笑)

さて。ようじょ鈴(すず)ちゃん。ろりカポにおいて、基本的にろり子さんはおませさん。鈴ちゃんもとてもしっかり者さんです。
何歳の設定かよく分からなかったんですが・・・絵だけで見ると7歳くらい・・・いや、もっと小さく見えなくもないんですが、いやぁホントにしっかり者ですわ~。
華族時代にどれくらいの教育を受けてきたかは分からないんですが、明治中期という時代とその後の環境を考えると、ちょっと頭良過ぎな気はします。

まぁ、時代設定については・・・私も全然詳しくないから何とも言えないのですが、結構アバウトなんじゃないかと(笑)
歴史ドラマってワケではない(と思う)ので、そのヘンは深く考える必要はないのかなぁ。

しかし、それゆえに、そんな鈴ちゃんがぼろぼろ泣いた日にゃあ、こっちももらい泣きしちゃいますがな!!

てなワケで、一応13巻で完結するということなので、改めて1巻からコミックス買おうかなぁ・・・とか考えたり。

  



そうそう!ろりカポと言えば(?!)、先日アニメ『紅殻のパンドラ』6話に出てきた ようじょエイミーちゃんとトト先生(医師)が、ちょっとろりカポ風味だったので6話だけ(←)チェックを入れました!(笑)

トト先生、イケメン。だけど、ちょっと?天然。髪形おもしろい(笑)

160221 『紅殻のパンドラ』 トト先生

ちなみに、CVは鈴木琢磨さん。
最初ピンとこなくて、他にどんなキャラやってたっけ~?と調べてみて思い出しました。

あ~林田くんかぁ~・・・!!
 ←紫モヒカン


そういや、こないだ『ハイキュー!!』で見た黄金川くんの (・ω・) ←うにょんとなった口元を見て、クロマティ高校にこんなキャラ(→林田くん)いたなぁと思ったばかりでした(笑)




Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。